初心者がFXをする流れ

バナー

初心者がFXをする流れ

近年、メディアでも大々的に広告が入りFXという言葉を知らない人は本当に少なくなってきました。

外国為替を売ったり買ったりして、その利ザヤで利益を上げるものだと、だいたいの人は知っていても、いざ自分でやってみようと思うと解らないことだらけです。
FXを始めるためには、まずFX会社を選んで口座を開設するところから始まります。



取引は、1ロットからでき、会社によって1ロット10000通貨だったり1000通貨だったりします。

ですから、1取引で10000か1000の通貨を売買することになります。
これは、レバレッジという方法を使うので少ない資金で10倍20倍の通貨が取引できるのです。

初めは1000通貨から始めて口座に10万円くらい入れるのが多いようです。

口座に資金を入れて為替を注文すれば証拠金としてFX会社が、一定額を預かります。


これは決済すれば返してもらえます。やり方は、注文~決済だけの単純な作業なのですが、コンスタントに利益を出すのは難しいです。



外国為替は人を欺き、思いもよらない値動きをするので注意が必要なのです。

注文した通貨ペアが利益が出ていれば、頃合いを見計らって決済すれば儲けになりますが、思惑と反対方向の動いた場合、どんどん損が増大します。


放っておくとロスカットされ損失をこうむり、資金が減ることになります。



ロスカットは多大な損を抑えるシステムで証拠金の額より資金が下回った場合、発動されます。