FXでは様々な通貨ペアがある

バナー

FXでは様々な通貨ペアがある

FXでは2種類の通貨を組み合わせて取引するため、業者によって通貨ペアの取り扱い数は違います。国際決済銀行によると、通貨ペアで最も人気が高いのはユーロ米ドルでその後米ドル円、英ポンド英ドルと続きます。

これらの通貨ペアが全体の半分を占めており、単一の通貨に焦点を当てると米ドル、ユーロ、日本円の順に人気が高いです。

米ドルは国際的に基軸となる通貨で、日本円はシェア率はそれほど高くありませんが、取引全体に深く関わっています。

英ポンドとオーストラリアドルは、取引数を伸ばしておりそれに伴って業者も扱い始めています。



米ドルやユーロはメジャーな通貨ですが、FXではマイナーな通貨も選択できます。


マイナー通貨は金利が高いこともあり、ブラジルレアル円、トルコリラ円などが多く取引されています。



特にトルコは欧州評議会加盟国の中で経済発展が今後も期待されているため、個人投資家が注目しています。
FX初心者のほとんどが米ドル円で取引を行っています。



それの理由は値動きが小さいためです。

米ドルは多くの人が取引を行うため、一部の投資家たちの意思で簡単に価格が動きません。
損失だけでなく利益も出にくいですが、長期的な戦略が有効で急激に値動きすることで、ストップ狩りという個人投資家をターゲットにした動きのリスクが低いです。
日本はアメリカのニュースをよく放送しているので、ニュース番組を見るだけで互いの経済状況を知ることができます。