FXのスワップポイントとは

バナー

FXのスワップポイントとは

FXは外国為替証拠金取引のことで少額のお金で大きなお金を動かすことで、為替相場で変動している外国通貨の売買して差益を得るというものです。FXは低い信用力でも利用することが可能で、また手数料も少ないため運用コストが低い金融商品のひとつになります。



FXを行う上でポイントとなるのがスワップポイントです。



スワップは金利を意味しており、保有している通貨に対して1日単位で加算されるものです。スワップポイントは数銭程度と非常に小さな単位ですが、レバレッジをかけて取引しているため本来の証拠金の金額から見れば高い利率でポイントが付与されることになります。


このためスワップポイントを上手く利用することで利益を得ることも可能です。



ただし、スワップポイントはプラスだけでなくマイナスもあるという点に留意する必要があります。スワップポイントは買いに対してはプラスですが、売りに対してはマイナスのスワップポイントになります。

つまり、買いであればスワップポイント分の価値が毎日増え続けることになりますが、反対に売りの場合にはスワップポイント分の価値が毎日減り続けることになります。

プラスであればスワップポイントはそれほど気にする必要はありませんが、マイナスの場合には継続的に価値が減り続ける状態になるため、損失を拡大し続けるだけになり、取引を行う上で注意が必要です。

いずれにしてもFX業者を選ぶさいにはスワップポイントの高さもポイントになります。