FX取引に必要なお金について

バナー

FX取引に必要なお金について

FX取引を行う為には、「証拠金」としてFX業者にお金を預け入れる必要があります。


その証拠金に対して取引できる金額が決定し、最低証拠金を下回る取引においては証拠金の追加や取引の強制売却などが行われます。



FXで基本となる取引単位は「1万通貨」です。

最近では1000通貨や100通貨、中には1通貨単位で取引できる業者も出てきていますが、「1枚」などと表現した場合には基本単位である1万を指すことがほとんどです。



最低証拠金に関しても、各業者ごとに若干の違いがあります。また、「レバレッジ」の設定によっても最低証拠金当たりの取引可能単位が変わってきます。

レバレッジとは、簡単に言うと「実際の資金よりも大きな金額を取り扱える制度」です。

例えば、レバレッジ10倍に設定しておけば、1万円で10万円の取引をすることができると言う訳です。

レバレッジは25倍まで設定することができるため、わずか1万円の証拠金で25万円分の取引をすることも可能です。

ただし、レバレッジが大きくなればなるほど利益も大きくなりますが損失も大きくなってしまいます。

潤沢に資金がある人ならば問題はありませんが、なけなしの資金でFXを始める人などは低レバレッジで取引した方が安全性は高くなります。



安全に取引を行い堅実に稼ぐか、リスクを容認して大きく稼ぐかと言った判断が必要になってくるため、冷静に自分自身の状況を顧みることが大切です。

万が一、大きな損失を被った場合に対処できるかどうかを基準とすると良いでしょう。