FXのレバレッジに関する規制

バナー

FXのレバレッジに関する規制

FXではレバレッジをかけて取引ができるのですが、そのレバレッジには制限があります。

FX会社との契約によって定められている制限と、法律によって定められている制限があります。
レバレッジによって大きな取引ができるために、大きな利益を期待できるでしょう。かつては100倍や400倍と言った高いレバレッジで取引ができる業者もあったのです。



しかし、それによってリスクも大きくなります。

予想が外れたときの損失が大きくなり、資金が一気になくなってしまうこともあります。

このような状態であると、為替の取引に参加する投資家が健全な取引をしない可能性があります。

大きなレバレッジをかけて一攫千金を狙い、失敗して市場に戻れなくなると行ったことも十分に考えられるでしょう。

そのために、金融庁が規制をかけました。



これがレバレッジ規制で、個人投資家は最大でも25倍のレバレッジに規制されたのです。



では、25倍というのがどれくらいの大きさなのでしょうか。これは具体例を挙げればすぐに分かります。


FXを取引するためには最低でも10万円は用意した方が良いと言われることが多いですから、10万円を例に挙げてみます。

単純に25倍ですから、最大で250万円のポジションを取ることができるわけです。

ドル円レートが1ドル=110円だとすると、2万ドルのポジションを持つことができます。

ドル円が1円動けば2万円の損益になります。

このようなイメージを持った上で取引をすると良いです。