FX通貨ペアによる違い

バナー

FX通貨ペアによる違い

FXは外国為替取引のことですが、通貨の組み合わせは、何通りもあり一番馴染み深いのはアメリカドルと日本円の通貨ペアではないでしょうか。


この組み合わせは、円でドルを買ったり売ったりすることですが、通貨で通過を買うというのは、おかしなことだと思う人もいると思います。

通貨で品物を買うのならわかりますが、お金でお金を買うということなので疑問がでて当然です。
しかし、FXの場合、通貨が品物なのです。



売買する時点のレートで取引するので、極端ではありませんが毎回値段が変わってきます。

FX取引は、売買したい通貨が上がりそうなら買い、下がりそうなら売りで注文します。
注文とは、通貨を資金を出して買うことなので、普通なら売りで買うという表現はおかしいのですが、一つの通貨ペアを注文する場合、証拠金を預けて上がるか下がるかを予想することなので売りで買うのもありなのです。

そこで予想が当たれば利益が出るという仕組みなのです。
日本に住んでいるからといって日本円で売買する必要はなく、ドルでユーロが売買できたり、オーストリアドルで中国の人民元が売買できたりするので、FXは不思議なシステムかもしれません。

通貨ペアにより、その国の経済状態やその他もろもろの好条件がそろっていれば通貨も高いし、戦争などしていて人気がなければ通貨は安いのです。
通貨にも金利がつきます。



これをスワップ金利と言いますが低い金利の通貨で高い金利の通貨を買えばその差額の金利がもらえるのです。